ゴルガリ流:MTGブログ

立派なゴルガリ団員を目指すブログですw

【MTGアリーナ】黒単ハンデス・コモン構築戦【2019春ver.】

ども、イワンコです。

 

気がつけば、MTGアリーナでコモン構築戦がはじまり、前回のデッキにご質問をいただくようになったので、黒単ハンデス・デッキの最新バージョンを公開したいと思います。

回してみたところ、初心者の方でも使いこなせて、環境のデッキともそこそこ戦えるのでは!?という感じで、5勝できました。

ご参考までにどうぞ!

 

 

 

 

www.gachalog.com

 

 

 

 

解説

コモン構築戦の主なメタデッキとして、オロゾフ(白黒)やボロス(白赤)の速攻系のデッキ、《しつこい請願者》をフル投入したライブラリー破壊デッキを想定しています。

 

序盤は、《悪意ある噂》や《抜去》、《泥棒ネズミ》で相手の手札を狙い撃ちします。

とくに1マナの手札破壊は強力でマリガン相手に1ターン目に止めをさせるほどです。

MTGアリーナの場合、初期手札の引き直しが自動で行われているため、土地のバランスが無意識のうちに切り詰められているケースが多く、マリガンすると立ち直れないデッキも散見されます。

そこにハンデスを打ち込めば、これはもう勝ったも同然ですw

あと展開の早いクリーチャーデッキを想定しているので、《抜去》を採用。

《しつこい請願者》のようなコンボデッキのパーツも1ターン目から出鼻をくじけます。

 

 

中盤戦は、タダでは死なないクリーチャーで盤面を制圧していきます。

《悪運尽きた造反者》や《死花のサリッド》、《背骨ムカデ》は相手の除去にも強く、チャンプブロッカーにもなります。

攻撃力3は《しつこい請願者》を倒すことができますので、ガンガン殴っていきましょう。

除去に《切断された糸》と《不純な捧げもの》というクリーチャーを生贄にささげることで高い効果が得られるものを採用しているので、クリーチャー戦を有利に展開できます。

 

 

終盤は私のイチオシ、《地底街のゴミあさり》で止めを刺します。

召喚時にクリーチャーを生贄にささげれば、4マナ5/5で占術2がつき、これで後半の展開が一気に楽になります。

《背骨ムカデ》を生贄すれば、6/6まで育ち、厄介な《冷水カミツキガメ》のような呪禁持ちクリーチャーにも余裕で殴り勝てます。

 

 

 

 

f:id:gamer50:20190318051934p:plain

コモン構築戦ではかなり強い!

 

 

 

 

ということで、ザックリと解説しましたが、いかがでしょうか。

コモン構築戦は初心者でも楽しめ、既存プレイヤーにも独自の戦略を考える面白さを提供してくれるよいレギュレーションです。

一度もやったことないよ!という人はこの機会にぜひチャレンジしてみてください。