マジカジ:気軽にMTGを楽しもう!

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

【MTGアリーナ】初心者用緑単デッキ その後

ども、イワンコです。

 

先日ご紹介した初心者用緑単デッキをコツコツと調整し続けて、ようやく構築イベントで7勝できるまでになりましたので、途中経過をお知らせしたいと思います。

 

 

f:id:gamer50:20181012200322p:plain

レアがアレなのは気にしないでくださいw

 

 

まずはデッキレシピなど…(画面の下半分を参照)

 

 

f:id:gamer50:20181012200926p:plain

 

大きく変わったのは、《鉄葉のチャンピオン》と《蔦草牝馬》を4積みしているところです。

最初に作ったものと比べても、大幅に打点がアップしていますし、それぞれの能力により突破力が向上しています。

《鉄葉のチャンピオン》はパワー2以下のクリーチャーにはブロックされず、《蔦草牝馬》は呪禁持ちで黒クリーチャーにはブロックされません。

《蔦草牝馬》に《ブランチウッドの鎧》をエンチャントできればほぼ勝ち確定です。

有象無象がひしめき合うMTGアリーナの低ランクゾーンなら、大抵のデッキをパワーで押しきれます。

 

今後の課題としては2敗にまで追い込まれたデッキタイプ、青単飛行対策でしょうか。

青単飛行デッキとは青の軽量飛行持ちクリーチャーに《執着的探訪》をつけて殴りドローを強化、カウンターや展開力で相手を翻弄し、勝負を決めるデッキです。

 

 

 

f:id:gamer50:20181012211705p:plain

止められないとヤバいことに…



 

除去系のデッキには弱いのですが、コントロールや立ち上がりの遅いビードデッキには刺さるとすごい威力を発揮します。

デッキの動きもシンプルでプレイミスしにくいので、なかなか厄介です。

緑単にとっては飛行もエンチャントも対策をいれることは簡単なのですが、一本勝負のMTGアリーナでどこまでメタカードを積むのか悩ましいところがあります。

 

ご覧いただいてわかるように『ラブニカのギルド』からカードを1枚も採用していなので、その辺から面白いカードを引っ張ってきても面白いかもしれません。