マジカジ:MTGを気軽に楽しもう!

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

【MTGアリーナ】 英語がわからん問題《解決編》

ども、イワンコです。

 

現在、リアルカードの正式発売日前に、いつでも好きな時にガンガン回せるMTGアリーナって最高やなッ!!という幸せに満ちた生活を送っております。

ネットでもオープン化したことで、プレイヤーも増え、活気に満ちてますね。

まあ、ただ英語がわからないということで、二の足を踏んでいる人もいらっしゃるようなので、そんな方に私が究極のアドバイスをしたいと思います。

 

 

 

心配するな、わかるからッ!

 

 

 

私はどちらかというと新しいもの好きな性格で、マジックも英語版しかなかった時代から辞書片手にプレイしていたので、英語に対してはそれほど躊躇したりはしません。

というか、そもそもファミコン登場以前の時代は面白そうなファンタジーゲームはほとんど海外のものだったので、仕方がないというか悟りの境地で英語を読み解いておりました。

発売当時のマジックのルールブックはスターターに封入されたカードサイズの冊子しかなく、メッチャ小さな英字を

 

 

 

古文書を解読しているようだぜw

 

 

 

などと、学者気取りで解読していたのはいい思い出です。

ネットも発達しておらず、公式のカードリストもない時代なので、対戦相手が未知の強力カードを使った場合などは、

 

 

 

そんな強いカードがあるわけないやろッ!

誤訳してるんとちゃうか!?

 

 

 

とかいいつつ、対戦相手と辞書を引きながら、魔法を確認して使うというリアル『金色のガッシュ』状態でした。

余談ですが、『金色のガッシュ』は名作なので、一読することをオススメします。

 

 

 

f:id:gamer50:20181001081636j:plain

いいように言うとこんな感じw



 

そういう話をすると、この人メッチャ英語理解してるんじゃないの?

と思われがちですが、英語はいまだに全然読めません。

しかし、英語力がなくても反復しているうちに、英単語や定型の英文がアイコン化してきて、読めているのかは別にしてゲームを楽しむのに支障がないほどの理解はすることができるのです。

 

 

 

極論、言語というのは慣れ!

 

 

 

実際、私の周りも『英語だからMOはムリ~』とか、『アリーナって、英語でしょ?』みたいなことを言う人は結構いました。

しかし、そういう人に限って、いざやり始めるとバンバン課金する人がほとんどです。

英語だからな~っていう人は、結構やりたい気持ちが強い人が多いです。

そもそも、興味がなければ英語をいいわけにしたりはしませんから。

 

なので、二の足踏んでる人は四の五の言わずにダウンロードしてみましょう!

無課金でもある程度構築されたデッキもくれますし、適当にいじっていれば何となくわかってくるものです。

MOやるより、100倍はじめやすいし!

ぶっちゃけ、無料でできるってスゴイことなので、マジック好きならやらない手はないですよ。

 

 

 

習うより慣れろッ!

 

 

 

ということで、この問題は解決w