マジカジ

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

熊のチャンピオン問題

ども、イワンコです。

 

明日のFNMはコントロールが多いとメタ読みして、PWデッキのビビアンを改造したもので参加することに決めたのですががが…

PWデッキでFNM優勝を目指すものにとって、避けては通れない道。

それは…、《熊のチャンピオン》問題。

 

f:id:gamer50:20180830213018p:plain

いいとこなしw


十中八九、相手プレイヤーが何それ!?という表情なり、

『テキスト確認いいっスか?』と言われて、相手にカードを差し出した後、相手が『お、おぅ…』となるPWデッキの激ヨワ枠。

おそらく、ウィザーズにとっては、初心者にわかりやすくデッキ改造のポイントを示しているのであろうが、古参のPW縛りプレイヤーにとって、これをプレイするということは、ほぼ羞恥プレイとイコール。

 

そして、今回のPWデッキのオリジナルカード2マナ枠でもっとも羞恥度が高いのが、《熊のチャンピオン》だ。

マジでこのカードはシナジーとかコンボとかがまったく成立しないくらい意味不明に弱い。

6マナ払って+3/+3するなら、《驚異的成長》を撃った方が確実に強い。

しかも、毎ターン1回の制限付きである。2回も起動するマナを貯めるのが難しいし、12マナあったらもっとマシなことができる。

 

 

 

なんやねんッ!

このカードはッ!!

 

 

 

と叫びたい気持ちを抑えてプレイしなければいけないのだ。

PWデッキでのFNM優勝を掲げたのであれば、戦闘力を高めるためにある程度は改造を施したとしても、デッキ限定追加カードは絶対に外さない!くらいの意気込みでかからねばならないッ!という自分縛りが恨めしいw

 

明日のFNMでプレイするたび、何でそんなカード入れてるの!?的な視線を浴びると思うと気が重い。

せめて、『なんで使ってるんですか?』と聞かれたときに、

 

 

 

『君が相手ならコイツで充分さ』

 

 

 

と即座にカッコよく返せる練習をしてから、今日は寝ようw