マジカジ:MTGを気軽に楽しもう!

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

デッキを練らずに、メタを読め

ども、イワンコです。

 

基本セットが発売されてからというもの、日夜いかにしてFNMをプレインズウォーカーデッキで優勝するか…というそれしか考えておりませんw

ぶっちゃけ、自由に何でもできるということほど、人間を惑わすものはないと私は考えていて、むしろ、制約があるからこそ、そこに努力や工夫が生まれ、人間は成長するんではないの?…という私にとっては、プレインズウォーカーデッキ縛りで、強いデッキを作るということは最大の苦痛であり、楽しみでもあるわけです。

 

マジックも含めカードゲーム全般は運ゲー運ゲーとよく言われますが、対戦の部分だけ切り取ると確かにそうかも知れません。が、相性ゲーの性質が強いということは、事前の何のデッキを持ち込むか?というメタ読みの方に戦略の比重が大きいということです。

 

ファイアーエムブレムのような戦略シミュレーションゲームも次の面の構成が事前に分かっているからこそ、戦略ゲーとして成立しますが、これがまったく分からない状態だとただの運ゲーです。

カードゲームを運ゲーにするか否かは、そのプレイヤーの環境の読みの深さに依存するといっていいでしょう。

なので、戦略的にプレイするには、環境を無視して単体の自分のデッキを効率よく強化していくということにあまり意味はありません。

 

以前、MTGアリーナがあれば、デッキの調整なんて楽勝やん!これでFNMに勝つる!みたいなことを考えていた時期もありましたが、そもそも、環境が全然違うのに、どちらの環境でも勝てる構築が不可能だということに気がつきました。(型として強いものは見つけられると思いますが…)

 

勝てるデッキと強いデッキは同じではないのです。

 

冷静に比較すると、MTGアリーナのような不特定多数と乱戦するよりは、常連の顔の分かっているFNMの方が参加人数やデッキ傾向など対策が立てやすく、勝ちやすいということです。

 

とはいえ、こちらは縛りのかかったデッキで、相手のハイパフォーマンスデッキを打ち負かすデッキを考えないといけないわけですから、一筋縄ではいきません。(縛りだけにw)

でも、そこからオリジナルの戦略を広げていくのは、すごくクリエイティブな作業と思います。 

f:id:gamer50:20180730071222p:plain

アジャニの歓迎よりも、こっちの方が…

誰も気にかけていないカードの有用性について真剣に考えるっていうのは、最高にクール。ある意味、哲学の世界に通ずるものがありますw

苦手デッキに対するサイドボードだけでなく、メタを読むことでもっと効率的に勝率を上げられます。

 

ということで、このシーズンは個人的にメタ読みにかけたいと思います。