マジカジ

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

カードゲーマーはモテる!?という話

ども、イワンコです。

 

昨日のブログでカードゲームやってるヤツは『モテないヤツだ!』的な話を書いたのでフォローの話を今日は書きますw

 

ぶっちゃけ、私もモテるかモテないかでいうとモテない方ですよ、絶対。

モテるという定義は人さまざまなので、私のモテるという定義をいうと、『スポーツ万能、成績優秀、容姿端麗で、何もしなくても異性から好かれるヤツ』です。

で、私が特に気に入らないのは、とくにこの『容姿端麗』っていう部分。

 

もう、これってどうしようもないですからねw

 

とくに思春期のお金のない時なんて、整形すらできませんから、本当にもうどうしようもない。

で、自分の好きな女の子がやっぱりそっちに走っちゃうと、ああ、やっぱりか~、やっぱイケメンじゃなきゃアカンのか…と。

でも、そんな自分が好きな女の子っていうのも、女の子と接点を上手に作れないコミュ障の私のことですから、中身なんてよく知るはずもなく、自分も結局見た目で選んでるんじゃねぇ~かッ!という自己矛盾でウゴウゴするわけですw

 

ビジュアルってやっぱ大事なんですよ。

視覚からのインパクトってメッチャデカイんですよ。

最近のカードでいうと《破滅の龍、ニコル・ボーラス》ですよ。

 

f:id:gamer50:20180706043715p:plain

マジ、イケメンw

 

もうこんなのマジックやってないヤツですら、『このカード、強いんじゃね?』くらい絶対思いますよ。

デュエマしかやってない小学生でも、『このカード、カッコいい!ほしいッ!』って、絶対いいますよ。

 

で、女の子に縁のないヤツって、絶対ここで終わってるんです。

ああ、俺には神話レアのパワーも魅力もない…、モテの世界には俺の居場所はないんだ…と。

 

でも、よく考えてください。

どんなデッキでもレアや神話レアしか使ってないデッキってありますか?

レアや神話レアになれずとも、優良コモン・アンコ枠ならなんとかなるんですよ。

例えば、私の好きなこれ!

 

 

 

f:id:gamer50:20180726032646p:plain

コイツのスタン落ちを考えただけで泣ける…

にわかには、わかりませんがコイツの性能の高さは異常ですよ。

エンチャントなのに、瞬速持ってるわ、土地以外何でも追放出来て、しかも手札で腐れば白1マナでサイクリング出来るんですよ。

さっきデュエマしかやってない小学生も欲しがるといっていた晴れる屋で6,300円もするニコル・ボーラスを、晴れる屋で80円のアンコモンが戦場から追放できるんですよ!すごくないですか、これ!(価格は2018.07.26調べ)

つまり…

 

 

 

見た目や価格で、すべては測れないッ!

 

 

 

ということをカードゲーマーなら、全員が知っているということですよ。

しかも、ボーラスなんて他の3色の組み合わせに比べると優遇されているとはいえ、メッチャクチャデッキを選びますよ。逆に排斥は白が絡めばどんなデッキでも入れます。

使いにくいイケメンよりも、使いやすいブサメンの方が人気が高いというが理解できれば、活路は開けます。

 

私をよく知る人はわかっていると思いますが、私はデッキを作るときに高額(イケメン)カードをほぼ使いません。

いかに格安デッキで高額デッキに一泡吹かすか…という思考をマジックでは貫いており、ブログを書きながら考えを整理すると、思春期の頃に好きな女の子をイケメンに取られまくった記憶が根底にあるのかな…とw

 

なんせ、高額レアじゃなくても、優良コモン・アンコになれば、モテるということが潜在的に刷り込まれているカードゲーマーは諦めさえしなければ、モテモテ(人気者)の道を進むことができるということです。

 

具体的なモテ方については、要望があれば書きたいと思いますが、なんせ、不利な状況を覆すことを常に考えているカードゲーマーなら同じ要領でいけば、女の子を攻略するんて造作もないことですよ…ということが伝えたかったのです。

 

カードも楽しくていいですが、女の子もいいものですよ。

この夏休み、学生の方はそっち方面も頑張ってみてください!