マジカジ:気軽にMTGを楽しもう!

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

単色デッキを組もう!

ども、格安デッキの伝道師イワンコです。

 

世間では、まだまだマジックは高価な遊びだという認識が根付いていますが、そんなことはありません。

大会の参加費なんて、FNMなら300円くらいが相場。無料で開催している店もあるくらいです。2~3時間も遊べることを考えると、コストパフォーマンスの高さはハンパないです。

 

そうじゃなくて、カードが高いんだよ、カードがッ!!!という声が聞こえてきそうですが、安く構築することを念頭に置けば、デッキなんていくらでも安く作れちゃいます。

ということで、私がオススメするのは、

 

単色デッキを組もう!

 

ということです。

 

単色デッキのメリット

ガチデッキを組んでいると、どうしても応用力の高さや戦術の幅などを考えて、デッキが多色化していくものですが、初心に帰って冷静に環境を見つめなおしてみると、いやいやこれ、単色でよくね?みたいなことが多々あります。

そのメリットを少し掘り下げて考えていきたいと思います。

 

デッキを安くできる

二色以上のマナが必要なデッキを作ると、どうしてもレア以上の二色マナを生む土地が必要になってきます。色の確保だけでいいなら、コモンやアンコモンの土地でも事足りますが、勝つためには1ターンでも早く必要なマナを出したいと思うとレアの土地に手を出さなければなりません。そんな土地が4枚、8枚と必要になってくると、かなり金銭的に大きな負担になってきます。

しかし、単色デッキだとその土地枠をタダ同然の基本地形でOK!ということになり、かなりリーズナブルになるということが理解してもらえると思います。

 

ダブル・トリプルシンボルを使い倒せ

マジックは基本的に色の拘束の強いカードが強くなります。

もし仮に無色2マナ2/2のクリーチャーがいたとして、同じスペックで白白の2マナで2/2のクリーチャーがいたとしたら、圧倒的に前者の方が汎用性が高く使いやすいのは明らかだと思います。なので、後者には必ずバランスを取るためのボーナスがついていることがほとんどです。

それと同じ理屈で、色マナの要求が高いカードは絶大な効果を持ちます。

2色では扱いにくい同色2マナや3マナを要求してくる強いカードを単色デッキなら余裕で使いこなせます。

レッツプレイ、トリプルシンボル!w

 

選択肢が少なく、構築しやすい

初心者にオススメポイントとしては、構築しやすさが一番に上げられます。

単純に一色に絞るだけで、カードプールは5分の1以下ですし、構築する上で重要なマナカーブも多色に比べると理解しやすく、色マナの比率の調整も含めれば、扱いやすさは2色に比べて格段によくなります。

サイドボード後の調整も含めて考えると断然単色が有利です。

 

色事故がない

マジックやってる人はみんなわかってるんですが、土地事故って絶対に避けられないのです。どんなにメタやデッキパワーに勝っていても、事故ればどうしようもないのがマジックの恐ろしさ。

とくに土地の枚数は確保できているのに、色が合わないという色事故はプレイしていて本当にストレスが溜まります。

この色事故が回避できるというだけで、単色デッキはかなりオススメできると思うのです。

 

メタがハマると圧勝できる

当たり前の話ですが、単色デッキはその色のコンセプトが強くでます。

つまり、ハマれば問答無用に勝利を掴み取れます。

 

 

ということで、最近は赤単や黒単ゾンビなど単色デッキを大会でもよく見かけるようになりました。

初心者の方でも、まずはプレインズウォーカーデッキを買って、FNMに参加するとこのから始めれば、意外とマジックを安く楽しめるかもしれませんよ。

ということで、明日のFNMは完成したアジャニ・デッキで参戦してきたいと思います!

 

mtg-jp.com