マジカジ:MTGを気軽に楽しもう!

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

土地事故を考える

ども、イワンコです。

 

最近、MTGアリーナの対戦記録を取っていたりするのですが、そこでわかったことは土地事故って、それほど発生しないのに結構頻発しているイメージなんだな~ということ。

一概に土地事故といっても、どこまでを土地事故というねん!という問題もあると思うのですが、負けるまでにマナ3枚目が来ない状況だと考えると、3%もないのではないでしょうか。

でも、起こるときは起きますし、当然キャストしたい呪文までマナが足りない場合もありますし、個人的には運が悪いな~と思っているときは40%くらい事故っている気分なのですが、そういうのを混ぜ混ぜにしても、事故と感じるものは全体の15%くらいの感じです。当然デッキにもよるのでしょうが。

基本的に事故といっても、確率的に引けない状態とデッキが悪いのを、あまり意識的に分けて考えたりしてないのが現状かもしれません。

 

よく、マジックは土地事故が回避できないから、運ゲーみたいな話があります。

 

私もそれについてはそう思います。が、

それが悪いことなのか?

といわれるとそうでもないと思うのです。

 

人生もそうなのですが、どんなに準備をして怠りなし!と思っていても、不測の事態というものは必ず起こります。準備をしていないなら、なおさらです。慢心が起こすトラブルであれば納得もできますが、避けられない運命みたいなものがあります。

最近、日本各地で起こっている自然災害なんて、そのいい例です。

個人の日頃の行いの善し悪しという次元を超えたトラブルにも人は対応してかなければなりません。これはつらいですが、ある種の『戒め』だと思って善処していくしかありません。

 

つねに謙虚な気持ちで、精進しなければならないと教えてくれていると解釈すれば、不遇な土地事故もありがたい気持ちで受け入れられます。

不運というものにどう対応するかということが問われているゲームだと思えば、土地事故もそんなに悪いものではないと思うのです。

もっと前向きに土地事故をいうものをとらえても、いいのかもしれません。

 

 

 

ところで、ウチの奥さんが機嫌が悪い時に私に八つ当たりをしてくるのは、自然災害に含まれるのでしょうか?それとも私が招いた人災なのでしょうか?