マジカジ:MTGを気軽に楽しもう!

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

ミニマリスト、覚醒!

ども、イワンコです。

 

最近、地震やら娘の学校のことやらで、よく考えたら、全然リアルのカードに触れてないんですよね…。マジで。

ただ、MTGアリーナは毎日チョコチョコといじるようにはしているので、マジックをしていないわけではないんですよ。

で、その結果、身の回りで何が起きたかというと…

 

 

 

机の上(&部屋)が

メッチャきれいにw

 

 

 

リアルの大会に意地になって出ていたころは、カードが机の上に山積み状態だったのですが、今はリアルでの活動はあまりしてないので、カードが逆に邪魔になってきて、ストレージに整理して全部収納すると、メッチャすっきりしました。

独身時代は友達が家に遊びに来た時に、

 

 

 

f:id:gamer50:20180629041556j:plain

綾波レイの部屋かッ!!

 

 

 

とツッコミを受けるくらい何もない部屋に住んでおりました。

物を持つのがキライ!とかではなく、物を持って楽しむ余裕がない…という方が正しい生活をしていたので、しゃーなしですがw

で、現在なんだかんだと多忙を極めるようになってきたので、また同じ状態になってきました。

 

だたこれは私がもともと整理整頓が好きなのではなく、アナログゲーマーとしての血がそうさせているんだと思うんですよね。

ボードゲームなどは、遊んだ盤やコマなどをちゃんと所定の位置に片付けないと箱が閉まらないように設計されているものがほとんどです。備品がなくなっていることに気がつかせるためか、それともパッケージまでちゃんと設計してまっせ!ということを見せつけるためかは不明ですが、なんせきっちりとしまえるようになっています。

 

とにかく、アナログゲーマーはきっちり片付けることを無意識に刷り込まれている人が多いと思うのです。

 

しかし、カードゲームはカードというものが、そもそも邪魔になりにくく、専用のケースでなくても収納できるという利点が逆にネックになって、アナログゲームはTCGしかやらないという人の部屋はメッチャきたなかったりすることがあります。

つまり、片付けるという行為なしに継続して遊べてしまう弊害といえます。

カードゲーマーにありがちな家のどこかに必要なカードがあるのはわかっているのに、どこにあるかわからないし、探すの面倒くさいから、シングルで買った方が早いわ!的なことができる環境があるということも一因だと思いますが、なんせ片付けなくてもなんとかなるのがTCGだったりします。

 

ただ、遊ぶ機会が減ってくるとそもそも回せるデッキの数自体が減ってきますし、余剰の高額買取カードが多数出てきます。そういうのをまとめて、整理していくと、結構な金額をゲットできたり、スペースに余裕ができて、デッキ構築が楽にできるようになったりといいことづくめだったりします。

 

時間とお金に余裕があるときは、いつ使うねん的な余剰のカードを貯め込みがちですが、常日頃から最低限の資産でやりくりしていくというのも、メタ外のゲームとして楽しめると思いますので、机の上が山盛りになっている人は、一度きれいに整理してみてはいかがでしょうか。