マジカジ

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

メタは動き続ける

ども、イワンコです。

 

グランプリ・シンガポール2018は市川ユウキ選手が優勝したようです。

おめでとうございます!

 

 

 

トップ8のデッキも眺めてみると、バリエーション豊かで環境的にはかなり面白いといえると思います。やっぱり、マジックって最高やな!と思いたいのですががが…

 

www.magikazi.fun

 

いや、だったら、あのプロツアー『ドミナリア』で環境が固まってて、つまらない!とか言ってたプロ達ってなんやねん!という気持ちがムクムクと沸き上がってくるわけですよ。

 

新弾発売後の環境はいろんな選択肢があって面白いけど、発売後しばらくするとメタが固まってきて、プロとパンピーの時間的なアドもなくなって、何を握るか運ゲーみたいなもんですからね~みたいなことを言ってたプロ達って何やねん!みたいな。

 

たしかにメタは動くので、そのときにはその選択しかない状態というものがプロの視点から見ればあるのかもしれませんが、あまりにもプロの言い訳としてはお粗末だったのではないかな…と思います。

 

メタが動き続けている以上、それが例えプロであったとしても、あまりにも全知全能を有しているような断定的な表現は避けるべきであり、もっと謙虚に環境を見つめ、自分の実力不足というものを的確に把握している姿勢を見せた方がいいと思います。

 

なんせ、私などは

 

こんなプロが運ゲー運ゲー連呼するゲームなんてやっとれるかッ!

 

みたいな気持ちになり、マジックから気持ちが離れて、毎日せっせとサンドボックス系のゲームでエッチラオッチラと拠点作りに励んでましたよ。

しかし、今回のトップ8のデッキを見て、

 

ほな、いっちょ、やってみるか!

 

という気持ちになりました。

一部のプロの発言で萎えた気持ちを、一流のプロ達の活躍でやる気を充足という…。

どうせ人に影響を与えるなら、後者になりたいですね。

俺も気を付けよ~っとw