マジカジ

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

ブロールのルール変更

magic.wizards.com

ども、イワンコです。

ブロール界隈もにぎわってきたみたいですね。今回のルール変更について、ザっとまとめました。

 

・全禁止カード

《遵法長、バラル》、《魔術遠眼鏡》、《密輸人の回転翼機》

・一対一でのプレイはライフが20点でスタート

・無色の統率者の場合は、基本地形から1つを選ぶ。

 

公式としては、マルチプレイを推奨しながらも、同じデッキで通常の一対一の対戦もできるようにしたいようですね。まあ、プレイヤーとしては、そちらの方がありがいですし、混乱を最小限に抑えられるのはいいと思います。気軽に誰とでもプレイできるようになってほしいですからね。

 

禁止カードは3枚しかないことを考えると、スタンダードに比べても、構築の幅が広くなるわけで、死にカードが少ないということはいいことです。というか、その3枚ともノーチェックでしたよw MOとかではかなり研究が進んでいるみたいですし、そういう検証できる場があるということはすごいことだと思います。

 

一対一でのライフの変更はデッキの構成にも大きく関わってくると思うので、かなり重要です。マルチプレイでは強い構成でも、一対一では弱くなるっていうことは普通に起こりそうなので、両方で好成績を収めるためにはデッキ構築スキルが問われそうですね。

 

無色の統率者が解禁されたのはいいことだと思います。カジュアルプレイヤーで《ウルザの後継、カーン》を1枚引いたけど、2枚目以降を買う金なんてないよ!という人もブロールなら安心して統率者に使うことができるようになりました!

というか、私は《永遠の大魔道師、ジョダー》を2枚も無駄に持っているので、はやくコイツをなんとかしてほしいw

 

ということで、この週末はさっそく新しくなったブロールで仲間と楽しくプレイしましょう!