マジカジ

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

『ドミナリア』プレリリース入門の補足

mtg-jp.com

 

いよいよ明日に迫ってきた『ドミナリア』プレリリース。

プレリリース初参加やマジックのイベント自体が初めての方は上のリンク記事を読むことをオススメします。すごくよくまとまっているので経験者の方も必見です。

しかし、デッキ構築の大きな方向性のようなものが示されてはいるのですが、初心者が安定して回るデッキを具体的にどうやって組むか?というところまでは足りないように思いますで、私が独断と偏見でデッキ完成まで補足します。

 

イワンコ流 プレリデッキ構築法【初心者編】

誰でも簡単に40枚デッキが組めるように順を追って説明します。まずは全体の流れを頭に入れていただいて、公式記事を参考に調整をしていく感じで構築すれば、初心者が自力で0から構築するよりは形になったものが完成すると思います。

 

最終目標:単色20枚デッキを二つ合わせて40枚デッキを作る

 プレリリースで初心者にとって何が難しいかというと、おそらく土地の比率を決めることだと思います。土地が事故れば勝てないということは初心者でも理解できます。

しかし、デッキに占める土地の比率は4割強で17枚が推奨ということは分かっていても、実際に2、3色でデッキを組んだ時に17枚中の土地の比率をどうするのか…は、デッキによるとしかいえないので、初心者がいきなり適切な土地比率でデッキ構築するのはかなり難しいと思います。

6パックから単色デッキを作るのはほぼ不可能、色数が増えれば増えるほど事故率が上がることを考えて、初心者は2色に絞りデッキ構築していきましょう。

 

まず、『除去』カードをチェックして、2色選ぶ!

除去カードが充実している2色を選びましょう。

除去カードとは、赤のダメージカード、黒の破壊カード、白と青のクリーチャーを無効化するオーラがこれにあたります。

相手のスタートダッシュに対応するために除去はコストの軽いものを優先し、能力を持ったこちらの脅威になるものだけを排除することに徹すればれば有利に戦えます。 

個人的な優先度としては、黒>白=青>赤>緑です。赤はタフネスを参照するためにどのクリーチャーにも必ず有効というわけではなく、白と青のオーラは場に残るために何らかの手段で破壊されることがあるため、完全に破壊できる黒の優先度が高いとうことです。

緑は飛行クリーチャーやアーティファクト・クリーチャーに特化した除去と自軍クリーチャーとの格闘や強化で除去をするかなり限定的な除去が多いので使い勝手はそこまでよくありません。しかし、今回から強力な英雄譚が登場することもあり、エンチャント破壊に重要な意味が出てくる可能性もあるので、チェックしておいた方がいいカラーです。

 今回の『ドミナリア』では黒赤の除去呪文に強力なものが多いので、4~5枚除去があれば赤黒に決め打ちしてもいいと思います。

 

選んだ色の基本地形を各9枚用意する

基本的に土地は17枚がベストです。

デッキが完成してから、1枚抜いて調整します。

 

各色クリーチャーを8枚ずつ選ぶ

インスピレーションで16枚を選んだらマナごとに並べてマナカーブを調整します。特定のマナ域にカードが集中しすぎているときはバラしていきます。色の比率が変わらないように同じ色のカード同士を交換して、マナカーブを揃えていきましょう。2色にまたがる多色クリーチャーは強力なものが多いので、積極的にデッキに投入しましょう。ただし、片方に偏らないようにバランスよく調整しましょう。

 

呪文を各色4枚ずつ選ぶ

最初に除去をチェックしてカラーを選んだので8枚選ぶのは難しくないと思います。クリーチャーとの相性やシナジーがよりよくなるような呪文があれば除去にこだわらずに調整しても構いません。

しかし、あくまでもリミテッド戦ではクリーチャー戦がメインです。バトルが有利になるカードを優先することをオススメします。

 

土地を調整する

各カラーのクリーチャーと呪文を選んだので、コストを見比べてもっともコスト大きいカードを含まない色の基本土地を一枚抜いて調整します。

その他、色が合っていてデッキのコンセプトに問題のない特殊土地があれば、基本地形と入れ替えていきます。このときも色が偏らないように注意しましょう。

 

アーティファクトを検討する

クリーチャーのマナカーブが欠けていたり、戦力不足のところには、アーティファクト・クリーチャーを補填しましょう。マナが不足しがちなら、それを補填するものを使うとよいでしょう。補助的なイメージで使うと失敗しません。

 

最後に一枚抜くッ! で、完成!!

呪文が強いと思えば、クリーチャーから。クリーチャーが強いと思えば呪文から、弱いと思うカードを一枚抜きます。

これでちょうど40枚のデッキが完成しました!

おつかれさまでした。

 

雑記

今回のコンセプトしては初心者が事故らないデッキを作るために、20枚の単色デッキを二個作って足せば難しくないよね~というものでした。初心者がいきなり参加してうまくデッキを回しているのをほぼ見たことがないので参考にしてもらえるといいかな…と。

私自身も初心者のころは、カード一枚一枚の単体能力にこだわりすぎて、構築するのは遅いし、全然回らないしで、プレリリースのたびに肩を落として帰っていました。

細部にこだわるより、まずは完成形に持っていってから、調整する方が断然楽なので初心者の方は一度試してみてください。