マジカジ

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

Brawlで恐竜デッキを組んでみよう!

ということで、『イクサランの相克』のストアチャンピオンシップも終わり、『ドミナリア』待ちのシーズンオフに突入しました。なので、このスキに噂のBrawlのデッキを組んでみましょう。

早いお店ではもうすでに大会をしているところもあるみたいですし、友達から『やろうぜ!』と声をかけられて、何を作ろうか?と思っている人や、初心者で一体どう組めばいいの?と迷っている人も多いと思います。

そんなアナタにおすすめしたいのが、

 

白赤緑恐竜デッキ

 

です。ベタだとは思いますがベタなだけに強い。

主に以下の3つの理由から、入門者や初心者にオススメだと考えます。

  • 集めやすく、安く組める
  • 戦闘力がメチャクチャ高い
  • 汎用性が高い

では、それぞれ解説の点について解説していきます。

 

集めやすく、安く組める

まずは、統率者を決めるわけですが、ここは《原初の災厄、ザカマ》です。

統率者は狙われやすいが軽くて強いカードを選ぶか、カラー優先で出せなくてもいいけど出れば確実に強いカードのいずれかを選ぶのがセオリーですが、今回は後者を取りました。

同じカラーで《太陽の化身、ギシャス》もありますが、攻撃でトリガーする能力だと多人数戦では自分のターンが回るまでに潰される可能性が高いので、出たらいきなり使える《原初の災厄、ザカマ》を採用。

次に、『イクサラン』で発売された『恐竜騎士、ファートリ』デッキを買いましょう。

mtg-jp.com

なぜ買うのか?ということですが、この状態で白赤の基本的パーツ(17種類)が手に入りますし、プレインズウォーカーデッキには、特定のプレインズウォーカーをデッキや墓地から回収できるカードがかならず入っていて、その効果はこの環境では非常に強力です。なので、今後発売されるプレインズウォーカーデッキもBrawlをプレイするなら、買っておいて損はないと思います。

で、ここから恐竜を集めていくわけですが、一緒にプレイしている友達がいる場合はもうはっきりと、

 

いらん、恐竜カードくれ~!

 

と頼むのはありだと思います。いいすぎるとアレですがw

恐竜は単体スペックは高いのに、構築には不向きなカードがほとんどですから、スタンダードをメインにしているプレイヤーからすると、統率者に選んだ《原初の災厄、ザカマ》ですら、『組む気ないからあげる~』といってもらえる可能性は大いにあります。

ショップでカードをシングルで揃える場合でも、上記の理由で強力なカードを安価で手に入れることができます。

しかも、恐竜は『イクサラン』以降のカードがメインですから、しばらくはスタンダード落ちすることはなく、そういう面でもコストパフォーマンスがよいといえます。

 

戦闘力がムチャクチャ高い

レアに頼らなくても、アンコモンでも十分強いカードがあります。例えば《突進するモンストロザウルス》は5マナ5/5の速攻、トランプルなんて、恐竜デッキじゃなくても赤いデッキなら即採用レベルの強さです。

《怒り狂うレギサウルス》も、4マナ4/4で攻撃時にクリーチャーかプレイヤーに1点ダメージを飛ばせるのですが、これを自分の《針歯の猛竜》に当てて、相手クリーチャーに5点飛ばすというアホみたいなコンボもかなり強烈です。

殴ってもコンボっても、とにかく強いのが恐竜デッキです。

 

汎用性が高い

例えば、一見強そうな青黒の組み合わせでも、強力なエンチャントを置かれるとどうしようもない状態に陥ったりすることがありますが、白赤緑の組み合わせだとそういったことが、ほとんどありません。

ある意味カラー的には最強です。クリーチャー戦に強く、各種除去も豊富で、回復やマナブーストなんでもござれです。どんなデッキがいるかわからない多人数戦でこれほど心強いことはないと思います。

 

まとめ

今回はデッキレシピはあえて載せませんが、もう恐竜と名の付くカードなら何だっていれていいです。そういうごった煮状態を楽しむのがBrawlだと思いますし、Brawlに正解があるわけではないので、好きなように楽しんでもらえればいいと思います。

恐竜はどんなカードもフィニッシャーになる可能性を秘めたものばかりなので、Brawlで大迫力のデュエルを楽しみましょう!