マジカジ

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

デュエルを阻止する見えない力

かなり心待ちにしていたのに、何だかんだで参加できなかったグランプリ・京都。意気込んでいただけにトラウマレベルでガックリです。

しかし、いつまでも落ち込んではいられません。気持ちを切り替え、今度はストアチャンピオンシップを制するぞ!と久々に紙のマジックをプレイするために、MINT三宮へ向かいました。

場代の1パックを購入し、『さあ、スタン回すぞ~』と思った矢先。

私のスマホに着信がががが

 

 

学童?

 

 

娘の身に何か!?と慌てて出たところ、鼻血が止まらなくなっているとの連絡が。

これから、久々のデュエルというのに…

まあ、鼻血で失血死はせんやろ…とはいうものの、早めのお迎えを約束し、電話を切る。そういえば、買ったばかりのプレイマットも家に置き忘れてくるし、ちょっとイヤな流れではある。

その流れを断ち切るために、購入したパックから《再燃するフェニックス》出ろ!と念じながら、パックを開封すると、なんと天に声が届いたのかwレア枠カードのフレームが赤い。これはワンチャンある展開!と心を躍らせていると…

『エターリ、ちゃいますか?』とタテ氏がすかさず水を差してきた。んなわけないやろ、それはお前のフェイバリットカードやろ!と思いつつ開封すると…

 

 

エターリ、キター!!!!

 

 

って、なんでやねん!マジでタテ氏は、この世界何周目やねん!というくらい、私のパックのクソレアを当てることに長けています。もっと違う才能を伸ばした方がいいよ、マジでw

なんというか流れが完全に逆流しているのを感じながら、もう開き直って『いざ、対戦っ!』と気持ちを切り替えるように勢いよくデッキケースを開けると…

 

 

デッキケース、間違えてるし…

 

 

なんなんこの展開。

しかも、違うデッキが入っていたのなら、まだマシだったのですが、持ってきたのは基本地形入れ専用のデッキケース。まあ、このカードプールなら私くらいのデュエリストになれば、秒でスタンダードのデッキとサイドボードを作るのは余裕ですが、なんせマナしか出ませんからね。

で、仕方なく店を後にしました…

 

 

ちょっと、厄払いでも行った方がいいかもしれんね。