マジカジ:MTGを気軽に楽しもう!

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

イワンコ、プロへの道

先日、娘が私のスマホのアプリゲームをしながら、

『私もゲームがうまくなって、パパみたいにゲームでお金を稼ぐ!』

といいだしたので、何のこっちゃ?と思ってよくよく考えてみると。

 

以前、娘が私がマジックのデッキを構築しているのを見て、

『パパは遊んでばっかりやなぁ~』と煽ってきたので、

『これは勝って賞金を稼ぐためにやってるねん!

 遊びでやってるんちゃう、これはビジネスや!』

と豪語したのを思い出しました。

 

まずい…、勘違いしとる…

 

 嘘はついてない。

が、真実が明らかになった場合、俺の父親としての尊厳が失われる可能性がある。ここは速やかに訂正しようとしたその時ッ!!

 

いっそ、プロになればええやん!

 

という悪魔的ヒラメキ。

どうせ、やるならプロを目指さなければウソやろ…と。

俺はいつまで『あそこのショップの大会は面倒くさいオタクが多いから出たくない!』とかいっとるねん!と。近場のショップばかり見ずに、世界を見ろよ!と。

正すべきは娘の勘違いではなく、己のマジックに対する姿勢やろ!と。

 

これは、チャンプや…

マジック版チャンプやで!

チャンプ (1979年の映画) - Wikipedia

 

別に離婚したわけでも、酒びたりなわけでも、元世界チャンピオンでもないけど、気持ち的にはそんな感じということですw

 男にはどんなくだらないことでもいい、戦う理由がいる。たとえ、刀折れ矢尽きたとしても、それでも前に進むための原動力が何か必要なのです。

 

父親としての名誉と尊厳を守るための戦い…

まあ、戦う理由としては十分ではないでしょうかw