マジカジ

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

『Brawl』やろうぜ!

mtg-jp.com

簡単に言うと、スタンダード60枚デッキによる統率者戦ということです。

これはおもしろそうじゃないですか?

統率者戦の面倒くさいところが、スッキリとしていいと思います。

 

初心者にはみんなでワイワイと楽しめる統率者戦みたいなのがいいとは思いつつも、いきなり100枚デッキってどうよ?とか、ガチデッキはこちらが何もできないままコンボを決めてくるけどどうよ?とか、ほしいカードが見つけにくいんだけど!みたいなところがあって、カジュアルとはいえ、全然そんなことはなかったのです。

 

しかし、『Brawl』はスタンダードのカードで構築できるので、初心者がプレリリースやドラフト・ウィークエンドで手に入れたカードをぶち込むだけでデッキが作れてしまいます。

既存のプレイヤーでも新しいデッキを作るのに同じカードを4枚集めるというのは、結構苦痛が伴います。《再燃するフェニックス》が4枚必須といわれたら、私なんてデッキ組むの諦めますからw

なので、マジック・リーグなどのカジュアルな大会に出ながらコツコツとカードを集めて、デッキを完成させることができるというのはすごくいいことです。

ファイルに眠っているレアカードにも光が当たる日が来ましたw

 

 さて、個人的には何を組むか考えどころなのですが、ザっとファイルに目を通すと、ろくな伝説がありませんw イクサランから復帰したとはいえ、マジで引き悪いです。プレインズウォーカーとか一枚もパックから出てませんからw

で、考えた結果、『ドミナリア』のプロモを眺めつつ緑単の時代が来ると信じてプロモ版《原初の飢え、ガルタ》にするか、マーフォークの時代はこないと封印していた《オラーズカの暴君、クメーナ》で組むか、こうして考えると使いどころがなかったしょうもないFoilカードも活躍の場が見つかりますね。

 

流行りそう!というか個人的にはやってみたいので、みなさんもヒマな時間を見つけて気軽に組んでみてはいかがでしょうか。