マジカジ:MTGを気軽に楽しもう!

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

ファイレクシア経典、スゲーwww

 

英雄譚、おそるべしw

ファイレクシア経典のデザインと効果のインパクトはすごいですね。これはもう張られた瞬間に、『お前の命はあと3ターンだ!』とかいうやつが出そうな勢い。

 

お前はもう死んでいる…

 

となるデッキも多いのではないでしょうか。

対戦相手だけ墓地リムーブなのは普通にエグイですねw

情報リークされたときに、敵対色ランドがくるという話があって、それってアーティファクト強化の流れか!?と思っていたのですが、ありそうな気配がプンプンしてきましたよ。とはいえ、まだ一枚しか見えていませんがw

 

今回の対応を含め、ウィザーズの対応は本当にしっかりしているな…といつも感心します。情報リークというマイナスに真摯に向き合うことで、ユーザーの不安を取り除くだけでなく、逆に期待感まで煽るという。

日本の企業も素晴らしいとは思うのですが、こういう情報戦略の部分において、まだまだウィザーズに遠く及ばないと思います。

個人的にはTCG(紙)はDCG(デジタル)にとって変わられるだろう…というか、もうすでに大部分やられているという考えなのですが、こういう対応を見るにつけ、

 

やっぱ、MTGやろう!

 

という気持ちにさせられるのが、素晴らしいですね。

どんなゲームでもすべてのユーザーから百点の評価がもらえるわけではありませんし、誰が見てもまったく欠点がないものを作ることも難しいと思います。

しかし、ここにお金を落とし続ければ、もっと楽しいものを見せてくれるのでは?と感じさせてくれる姿勢をしっかりと見せてくれるというのは本当にいいことだと思います。

 

デジタル化された世界では、あらゆる情報が違法な方法で入手したり、改変することができる時代になりました。企業がそういうものと戦っていくためには、株主だけでなくユーザーが自ら進んで商品を買うことで投資したくなる仕組み作りが必要になってきていると思います。

 

ということで、私も『ドミナリア』を1パックでも多く買って投資できるように、今日からせっせと貯金したいと思いますw