マジカジ

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

白黒吸血鬼デッキで全勝した話

ついに、MINT三宮店さんのスタンダードショーダウンで全勝いたしました!

 

 

昨年の10月末からマジックを再開して、苦節4ヶ月半。

ようやく『口だけ番長』の汚名返上できましたよw

これもひとえにこのブログを応援していただいた皆様のおかげです。

ということで、今後も底辺デュエリストの光になれるよう

 

がんばるぞいッ!

 

ということで、変わりなきご支援よろしくお願いいたします。

 

本当にマジカス生活が長すぎて、白単握って事故りまくっていたときはポケカプレイヤーに転向しようかと思ってましたからね。ポケカくらい引けたら、さすがの俺も事故らんやろ…的なw

スタンダードショーダウンに出ても、ランダムですらパックをもらえない日々は、なかなかツライものがありましたが、グランプリ京都を前になかなかいい方に向かってきた気がします。

しかし、今回の大会は思い返せば、ラッキーの連続でした。

 

初戦のグリクシス・ミッドレンジ戦では、二体の《再燃するフェニックス》をメインに2積みの《飛行機械による拘束》で封殺、二戦目の王神の贈り物デッキでは土地が足りないので数合わせで投入していた《屍肉あさりの地》がぶっ刺さり、三戦目の白黒トークンデッキに対しては白単吸血鬼デッキのときのサイドを何も考えずに除去よりにしたのがメタ的にドンピシャだったという…

 

勝ちは偶然、負けは必然

 

今回の結果を真摯に受け止めて、自分の実力で勝てたとちゃんと思えるまで、デッキも技術も磨いていきたいと思います。

今回使った白黒吸血鬼デッキは本当に安くて強いデッキです。

強力なドローと展開力で相手をグイグイ押し込んでいけるので、プレイしていてかなり気持ちがいいです。ライフの回復量も半端ないので気持ち的に楽ですしね。

これまでマジックをやってきたプレイヤーなら数千円もかけずに作れると思いますし、ゼロから作っても一万円いくかな?くらいの内容だと思うので、初心者の人も組んでみることをオススメします。