マジカジ:MTGを気軽に楽しもう!

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

MOやってると心の声が漏れっぱなしな件について

最近、ようやくMOの操作に慣れてきました。

よく言われる英語の壁ですが、正直英語なんてアイコンと同じで覚えてしまえば何のことはないわけですよ。

言語なんて完璧に理解しないといけないと思うから難しいのであって、何となく感覚的に薄っすらと分かっているだけでOKなわけです。

例えば、《麒麟》という文字を見て、『きりん』と読める人は多いと思うのですが、《麒麟》って何?と聞かれると、大抵は『馬みたいな中国かどこかの伝説の動物でしょ?』くらいの薄っぺらい知識だったりするのですが、それでもまったく問題なかったりするわけです。

そもそも、マジックなんていう一般人からしたら、まったく理解ができないようなものを趣味にして楽しんでいるくせに、世界でトップクラスの公用語である英語が理解できないというのはいかがなものか…

 

と、まあ、英語の話は置いておいて、MOのお話です。

MOを家でプレイしていると誰も見ていないせいもあって、思わず声が出てしまうことがあります。

『くっは~、ここで土地引くか~』とか、

『フハハハハハ、勝ったな、これはッw』とか、

『なんで、そんなレア持ってるねんッ!!!』みたいな。

 

私は元々麻雀プレイヤー(?)から、デュエリストに転職した男なので、勝負事の最中に表情を変えるなどということはご法度としてきました。

それでも、カジュアルな場だと盛り上げるために、笑ったりおどけたりするくらいのことはしますが、基本的にはポーカーフェイスです。

表情で相手に手の内の情報を与えるなど、三流以下のすること。

だから、ある意味ひとりだからといって、心の声が漏れっぱなしになっていることに気が付いたときはちょっとショックでした。本体2点ダメージですw

それだけマジックが面白いということなのだとは思いますが、勝負師として思わず口走ってしまうのはかなり問題があるのでクセになる前に、MOでのプレイに関しても真剣勝負で挑みたいと思います。

 

と思っていたのですが…

ということで、いろいろと検討を重ねていたのですが、某サイトで白黒吸血鬼のデッキレシピを見て…

 

『黒白もええなぁ~』

 

って、心の声がダダ漏れになるのがもう完全にクセになっているのが判明しました。

皆様もお気を付けくださいませ。