マジカジ:MTGを気軽に楽しもう!

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

サイドボードに死す

このブログでも、リアニメイト絶対殺すマンになる的なことをたびたび書いていたと思うのですが、一昨日の大会ではリアニメイトと当たることもなく、大会が終了しました。

で振り返ってみると、大会中にサイドボードをするだびに、俺…

 

アニメイト対策しかないやんっ!!

 

って、心の中で吠えていましたよw

いや、まあ、自分のやったことなのですが、あからさますぎるやろ的な。

というか、サイドボードって、あからさまなものだとは思いますがw

アニメイト対策するために、シングルカードを買いに行ったときも、このカードがこんな安いのおかしくね!?

 

アニメイトにメッチャ刺さるのに!!

 

というリアニメイト対策しか考えていない視点でカードの評価をしていたのですが、実際にサイドボードに入れて実戦に参加してみると、

 

やっぱ、使わんよね~みたいな。

 

まあ、《沈黙の墓石》のことを書いているんですがw

おそらく、世間の評価ってかなり正しいです。

凡人の『これ、強くない?』みたいな俺しか気づいていない感覚って、ほぼハズレなんでしょうね。

でも、そこに自分だけの正解を見出したいと努力する面白さのようなものも、マジックにはあるんですよ。強いデッキを作る楽しさ&苦手デッキを予想して撃退する楽しさの混在が、ゲームとして飽きさせません。

なんせ、百の大会があれば、百の環境が存在しているわけですから、完全なる正解が存在しないことが、プロもアマも楽しめる魅力になっているのは間違いないと思います。

 

プロのデッキレシピのサイドボードの1枚刺しカードなんて、私の理解の範疇を超えていることが多々あります。

プロの視点で見て、『いる』か『いらないか』のギリギリのラインで採用されいるカードの意味なんて、トップ環境の足元にも届いていない私に理解できるはずもなく、デッキレシピを完コピしたところで…

 

こいつ、いつ使うねんッ!!

 

でも、強いんやろな…ということで、サイドボードでいつまでも塩漬けになっていることがかなりあります。

まあ、《賞罰の天使》のことなんですがw

メインデッキもそうですが、サイドボードはとくに本当にその環境をやり込んだ人にしか適切な破壊力のあるものに仕上げることができないものです。

メインはともかくサイドボードは自分の力で組み切ることはかなり大事なことだと最近痛感しております。

 

今日は週末のスタンダードショーダウンに向けて、デッキ強化のパーツを買いに行こうかな~。