マジカジ:MTGを気軽に楽しもう!

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

MOという別の現実

昨日はひさびさの平日休みを利用して、マジックオンライン(以下、MO)にどっぷりとハマっておりました。

ということで、その感想を書きたいと思います。

これから、MOを始めたいという人の参考にしてもらえれば…と。

 

MOをやっていない人間からすると、対戦相手や大会に出る暇がなかなかないので、MOをやれば、そういう問題が一気に解決するんじゃないの?みたいに思う人も多いと思うのですが、実際は…

 

その通りなのです!

 

ネットで世界につながっているわけですから、出たい大会にエントリーしておけば、定員になり次第、大会が開かれるわけです。これはすごくいい!と思います。

しかし、MOをよくあるアプリのカードゲームと同じくらいに考えていると、大きな落とし穴が待ち受けています。

何かというと…

 

待ち時間がヒマすぎるッ!!

 

のです。

ショップの大会だと自分の対戦が早くに終わっても、対戦相手や仲間としゃべったり、シングルカードを見に行ったりと、その大会の臨場感の中で時間を過ごせるのですが、MOだと誰もいない自室でおもむろに3DSを開き、ドラクエ11をプレイするという…

 

気が削がれるわッ!!

 

なんというか、マジックというゲームを楽しむためにMOしているのに、待ち時間がヒマで他のゲームをしないといけないという…

いや、たしかに実際のマジックのショップの大会でも、待ち時間の間にアプリゲームやったり、ネットみたりしてるやつはいますよ。

でも、あれは次の対戦までのクールタイムというか、気分転換みたいなところがあるわけですよ。ひとり自室でPCの画面を見ているのとわけが違うと思うわけです。

 

あと、勝ってもカードはもらえません。ポイントはもらえますが。

アプリのカードゲームに慣れているとやってもやってもカードがもらえないというのは感覚的に…

 

世知辛いのじゃ~ッ!!

 

という気持ちになります。

ポイントをあげるから、あとは自分の才覚でなんとかしなさいよね、フンっ!みたいな何とも言えないツンデレ感。

結局はカードは自分で揃えないといけないわけで、現実と何の違いもないわけですよ。

よくも悪くもリアルなマジックと同じ。

この辺は慣れないと何ともならないような気がします。

 

以前は、マジックアリーナが出来たら、MOはなくなるのでは?みたいなことを考えていたのですが、まったくの別物ですね。

他のアプリのカードゲーマーがMOをやってもまったく面白さを感じないと思うし、今のMOのままではデジタルカードゲーマーを新規に獲得するのは無理でしょう。

おそらく、そのためのマジックアリーナが必要だったのではないでしょうか。

ちょっと凝った演出で一本勝負くらいにしないと、新規は増えないと思います。

 

MOの感想としては、シミュレーターとしては優秀、ゲームとしてはテンポが悪すぎるというやる前から聞いていた評価なのですが、実際に体験してみると納得の内容でした。