マジカジ:MTGを気軽に楽しもう!

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

勝つは偶然、負けは必然

勝負事には勝ち負けがあり、それをいかに受け止めるかが大切です。

『勝つは偶然、負けは必然』

というのは、私の座右の銘でもあります。

 

マジックでいうと、対戦相手が事故って、あっさり勝ちを拾うことがあります。

対戦前に相手のデッキをカットしますが、これは積み上げられたカットの技術で相手を事故らせたのではなく、相手の引きがたまたま悪かったことによる勝利です。

運も実力のうちとはいいますが、これは本来の自分のデッキ構築力やプレイングの技術による勝利ではないことが明らかです。

つまり、『勝つ』という結果には実力以上のものが加味されるということです。

 

ひるがえって、今度は事故った側の視点で考えてみると、マジックというゲームはカードゲームという性質上、引きの偏りによって思わぬ窮地に立たされることがあります。

当然そういうことを見越した上でデッキを構築するべきなのですが、事故ったということはそういう事態に対しておろそかだったといえるわけです。

つまり、負けるべくして、負けたということです。

 

勝ったという結果をすべて自分の実力だと過大評価せず、負けを自分の実力不足だとしっかり認めた上でさらに精進することができる人が強いプレイヤーだといえると思います。

 

大会に参加していてよく思うことは、手札や引きが悪い時に表情にそれがすごく分かりやすく出る人がいます。あまりにも露骨なので、

 

これは絶対にブラフやろ~

 

と思っていたら、その通りだったりしてw

カジュアルなフリープレイならいざ知らず、大会なんだからもっとポーカーフェイスの方がいいんじゃないの?と思ったりしますが、そういう人は自分から勝負を見限ってすぐ投了する人が多い気がします。こちらの手札が土地ばかりで打つ手なしの状態にも関わらず勝ちを拾ったことは何度もあります。

大会は時間制限があり、負け試合をズルズル引き延ばすことに意味はないように思いますが、運が悪かったとサッと勝負を下りるよりは、最後まで価値筋を探したり、何がよくなかったのかを検討するために勝負するのは重要です。

 

人生においてもそうですが、うまくいくことっていうのは自分の実力外のことがほとんどです。バブルの時期の不動産や株式投資、最近ならビットコインとか、やるやらないの判断は自分ですが、それがうまくいくかいかないかの先行きは自分の実力ではありません。逆に不運に見舞われたときは、周りの人や環境のせいにしがちですが、自分に問題があることがほとんどです。

 

うまくいっていることは注意を払いながら継続し、うまくいかないときにどう考えても価値筋がなければサッと引くということをマジックから学ぶことで、人生もうまく回せるようになるんじゃないかなw