マジカジ

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

MO生活はじまる!

というわけで、なんだかんだあって、ようやくMO(マジックオンライン)をはじめることになりました。

とはいえ、トップ画面を開くところまでですがw

これまではフリーで遊べるプレインズウォーカーデッキ戦ばかりやっておりました。

MOは意外と歴史があるので、こんな無料対戦モードに人はおるまい!と思っていたのですが、さすが世界で二千万人のプレイヤーを誇るTCGだけあり、いつログインしても対戦相手がすぐ見つかります。

負けそうになると切断する奴や、おそらくは私と同じく操作がまったくわかってなさそうなプレイヤーがけっこういますが、それでもMOというものがどういうものであるかを学ぶには充分だと思います。

 

で、よく言われる英語の壁ですが、私はまったく英語がわかっていません。

しかし、私はマジックが英語版しかない時代からやっていた男。

トランプの箱のようなスターターに入ったメッチャ小さな字のルールブックを英和辞典片手に解読しながらプレイしていたことを思い出せば、むしろこんな英語…

 

日本語みたいなもんじゃッ!!

 

みたいな謎感覚でプレイできます。まだ本格的にはやってませんがw

最初のエントリーさえクリアすればなんの問題もないと思います。

それすらも丁寧に解説してくれるページも存在しますし、

【MTG】初心者のためのMO(マジックオンライン)の始め方を徹底解説!!【2015年1月時点】|飽き性が広く浅く暇つぶしするブログ

ありがたいことです。

 

で、手続きが完了するとウィザーズからメールが送られて来ます。当たり前ですが、全文英語です。

ここで英語わからんちんの私の心が若干折れそうになります。

が、メールソフトGmailの上部に『翻訳』の文字ががが…

で、とりあえずクリックしてみると、なんと!英語がまったくわからない私にもちゃんと意味の通じるちゃんとした日本語に翻訳されました。って、英語がわからない私がちゃんと日本語訳されていると感じるって、どういうことだってばよッ?

 

なにこれ、魔法かよッ!?

 

ビジネスの世界から遠のいて十数年、科学技術がここまで進歩していたとは。

おそらく、これを考えたのは《ウルザ》か《ミシュラ》のどちらかでしょう。

などと感動しつつ、MOの画面を立ち上げ、IDとパスワードを入力。

しかし、英語のメッセージとともに無慈悲にはねられました。

おそらくは、IDとパスワードが間違っていると表示されている模様。

まあ、外国のゲームだし、そういうこともあるだろう…と思い、時間を変えたり、パソコンを起動し直したりして、何度も試行錯誤を繰り返すもログインできず。

これだから、外国のゲームはッ!!と憤りながら、初心に帰ろうと送信されてきたメールの翻訳を再度確認。そして、そこには意外な真実が…

 

俺がID間違っていたのか…

 

IDの日本語を適当にローマ字打ちしたときに、『ちょ』の綴りを『cho』にするか『tyo』にするか迷っていたのですが、どちらでもない『cyo』で登録していたようです。もはや、ローマ字表記でもないという…orz

 

そんなドタバタがありつつ、MO生活がまったりとスタートしました。

前途多難ですねw