マジカジ

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

ブードラパーティーでも吸血鬼デッキを組む

なんだかんだといいながら、ブードラパーティーも3回目の参加となりました。

ついに特製スリーブも2個目をゲットで1デッキ分は確保でき、なんとなく目標を達した気持ちに。

しかし、最近は白いデッキケース獲得がメインになっていたりしますw あのサイズの箱って買うのはバカバカしいのですが、二重スリーブでもメインとサイドが収まるなかなか重宝するサイズ。

箱ゲットのためにも来週も参加したいと思います。

 

昨日は参加者8名でブードラパーティーをスタート。

MINT三宮店さんのブードラパーティーはいつも初心者の方が何人かいらっしゃるのですが、ドラフトをしながらドラフトのコツなどもアドバイスをもらいながらできるので初めての方でも安心です。

 

で、今回作成したのは白黒吸血鬼デッキです。

個人的にはブードラでブードラに慣れていくよりも、マジックリーグでブードラの構築になれる方が上達すると思います。

ブードラは実際にやってみると、初心者の場合とくにピックする作業が早すぎて、構築後のイメージがないまま、ドンドン流れていってしまうことになりがちです。

マジックリーグの場合は自分のペースで限定環境(以下、リミテッド)でのカードの強さを吟味でき、対戦も開始時はとくに1枚のキラーカードで相手を粉砕したりされたりするので、何がどの盤面で強いのかというカード単体のパワーを理解しやすいのでいいと思います。

 

白黒吸血鬼デッキはリミテッド環境でよく組んでいるので、《サディストの空渡り》を2枚確保できた時点で『これはやれるんじゃないか…』みたいな流れから、《軍団の先駆け》を2枚確保、《薄暮軍団の盲信者》2枚で…

 

『吸血鬼、やるしかないッ!!』

 

みたいなw

呪文も《神聖なる評決》2枚と《吸血鬼の印》1枚もピックできたので、これは盤石やな…と。おそらく、カラー的にも白黒吸血鬼はノーマークだったのかもしれません。

薄暮軍団の盲信者》はパッと見は弱いのですが、相手に使われると1ドロー強すぎやろ!みたいなことが多々あるカードです。こういうのも、ブードラで気が付くというよりは、私の場合はマジックリーグで相手に使われて、自分で使ってみて初めて実感するみたいな経験が実戦で役立た感じです。

強く見えるカードと強いカードは別なこともよくありますし、知識として理解していても実戦で体感することとはまた別だったりします。

当たり前のことですが、できるだけカードに触れる機会を多くすることが上達につながるんだと思います。

 

で、対戦結果としては、2戦2勝してドロップ。

ピックしたレア的にも元が取れたので、大満足の一日でした!