マジカジ

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

吸血鬼作ろ~♪(アナ雪調で)

世間がモダンで盛り上がっている中、私とタテトプ氏(以下、タテ氏)は黙々とスタンを回しているのであった。

ということで、スタンダードである。

正直な話、マジック:ザ・ギャザリング(以下、マジック)は遊び方が他のカードゲームと比べようがないくらい多い。

そのひとつひとつを極めるのに要する時間と費用がハンパない、興味はあってもあっちこっち浮気はできないのである。

だから、時代の流れに左右されずに、スタンなのである。

 

などといいつつ、スタンは年明けからまったく触っていなかった。

《イクサランの相克》が出たら、いまのデッキを再調整するか!?みたいな意気込みがあったのに、いまは完全に気持ちが落ち着いてしまった。いい意味で。

熱い気持ちを持つことは大切だが、それは時に冷静さを失わせてしまう。

俺のようにプロを目指す人間(え?)は常にクールに物事を捉え、適切な判断を下していかなければならない。

そして、約一か月ぶりに眠っていた相棒、白単吸血鬼デッキを回した結果、

 

このデッキめんどくせぇ~わッ!!

 

あまりに久しぶり過ぎて、《軍団の上陸》を出したときに吸血鬼トークンを出すの忘れてたわ!それに《軍団の征服者》をプレイして、デッキから3枚サーチするのも面倒くさいし、《金属ミミック》で吸血鬼といったものか、戦士といったものか迷う盤面も多々あるし、吸血鬼を出す度にクリーチャーの上に+1/+1カウンター置いて、戦士トークン出して、《シェフトの砂丘》をサクったらダメージが何点入って、回復を何点するから、こっちのクリーチャーは何体残さなアカンのかとか、《黄昏/払暁》で墓地からクリーチャーを回収しまくって、またプレイしまくって、そしてトークン出しまくって…、思考してるより、

 

作業時間の方が長いわッ!!

 

これは回している人間が不死の吸血鬼くらい時間に余裕がある奴じゃないと回したらダメなデッキですわ。

俺は人間をやめるぞ~、ジョジョ~ッ!!

ってレベルにまでならんとアカンということですよ。

 

とはいえ、うまく回れば展開力と回復力でリソースが尽きて弱っていく相手をジワジワと追い詰められますし、スタートは遅いものの除去も豊富に揃っているので、戦闘力はかなり高めです。

《イクサランの相克》からのカードをまだ追加していない状態ですが、リストを眺めてるだけで採用できるカードがかなり充実しているので、今週あたりからスタンの大会に出て煮詰めていきたいですね(結局やるんかいッ!)。

 

お前はいままで自分が出したトークンの数を覚えているのか!?

 

という人がいたら、私かも知れません。

何いってんだ、この人?と思ったら、《ジョジョの奇妙な冒険》第一部を読むことをお勧めします。名作です。