マジカジ:MTGを気軽に楽しもう!

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

6ドラ地獄

昨日も遅刻ギリギリでドラフトパーティーに参加してきました。

今回は参加者6名ということもあり、特製スリーブもゲットできてよかったです。

で、ドラフト開始してさっそく変な感覚に陥ったのですが、

なんかこれ、カードの集まり方ヤバくね?…みたいな。

 

通常の8人でドラフトする場合は単純に5色を8人で取り合うわけですから、どうしてもデッキを構築するカラーが2色または3色にならざるを得ません。

しかし、6ドラは5色を6人で取り合うわけですから、うまくいけば一色に染めることも可能なのです。

で、初手のパックから何となくマーフォークかな…的なことを考えつつ、ピックしていったのですが、2パック目の逆順で青が枯渇した状態で流れてきて、逆に緑の恐竜が潤沢に流れてくるモードに突入。っていうか、緑は誰もやってねぇやろ…展開。

いや、だって取り切れんからね、緑の強カード。

 

で、なんだかんだで青緑マーフォークに緑恐竜をぶち込んだデッキが完成。

初戦は数週間前にマジックを始めた青年とのデュエル。

わからんことがあったら何でも聞いてね的なスタンスで開始したものの。

 

青年:《狂信的扇動者》プレイ。で、サクッて1点与えます。

俺:出したターンはタップ能力は使えんのでは?

青年:《速攻》ついてますので。

俺:ああ、ごめん。

 

とか、

 

青年:《セイレーンの略奪者》で攻撃!

俺:ブロックします。

青年:いやこれ《飛行》ついてるんですけど。

俺:ああ、ごめん…。

 

って、どっちが初心者やねん!

 

みたいなことがあったわけですよw

これはもう老害ボケキャラとしてやっていくしかないような気がします。

なんせ、あれだけ面白い面白いといっているポプテピピックを一発で言えないくらいですから。

ピピテポテップ…? いや、ププテピポック…? みたいなw

まあ、なんだかんだで楽しめたのでよしとしますが。

 

 

ぶっちゃけレア的には完璧に負け組ですね。

取り切りなので仕方がありませんががが。

それにしても、最近はパックの引きが弱すぎて気持ちがかなり萎えております。

っていうか、優良アンコも取れてないですからね。

マジックはシングル安定ですよ、マジで。