マジカジ:MTGを気軽に楽しもう!

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

《打ち壊すプロントドン》、旅に出る

というわけで、二日続けてタテトプ氏(以下、タテ氏)とマジックリーグをプレイしてきました!で、私もようやく3敗できたので、ついに念願の《イクサランの相克》を追加。

そのパックの中身はというと…

 

 

おおっ、レアの色がバッチリ合ってます。タテ氏に、

『これ、強いんとちゃうん!? 高い?高い?』

と、テンション高く子供のようにせっつきながら聞くと、

『いや…そこまで高くは…』

と、患者の身内に病状がよくないことを告げる医師のような歯切れの悪さ。

 

しかし、しかしである。

 

リミテッド環境で再生能力と墓地から場にクリーチャーを出す能力が弱いはずもなく、即採用しました。

《打ち壊すプロントドン》もコストがGG1というダブルシンボルを含む3マナとはいえ、3/4というなかなか使えるカード。しかも、1マナでサクるとアーティファクトかエンチャントを破壊できるって、凄すぎますよ。《帰化》の立場は!?って感じです。あと、イラスト的には《到達》持ってそうな感じなのもいい!これで《到達》持ってたら鬼強です。

タテ氏も、『これは強いと思いますよ』と太鼓判のカード。

まあ、そのタテ氏のエンチャント強化型デッキにぶっ刺さるカードなんですがw

 

で、いざ尋常に勝負ッ!

 

そして、その結果…

やはり、《永遠への旅》の尋常ではない強さが目立ちました。

マジックリーグのような30枚デッキのリミテッド戦だと、ピン刺しでも引いてこれるというのがまずあります。

しかも、《場に出た時》能力を何度も何度も使い回せる強さはエグいです。

さらに、クリーチャーの強化をエンチャントやアーティファクトに頼ったデッキ相手に《打ち壊すプロントドン》を使い回した日には目も当てられない強さになります。

ということで、本日は2-1の結果となりました。

最近、タテ氏はスタンダードでメキメキと頭角を現しつつあるので、せめてマジックリーグで勝っておかないと示しがつかないので、ほっとしましたw

そして、店を後にし…

 

 

女子高生二人組風ブログにしておけば、もっとアクセスが稼げたかもw