マジカジ

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

スタンダードを安く遊ぶコツ

ども、イワン公です。

たまにはMTG初心者の方に役立つ記事を書こうと思いますw

今回のお話は…

 

スタンダードを安く遊ぶコツ

 

ですです。

ある程度覚悟をしてMTGを始める人もいると思いますが、興味があってちょっと試してみたい…なんていう人は、楽しみを感じる前にあまりにもランニングコストが高いとそれだけで敬遠しがちです。

カードゲームの中でもMTGはカードが高いイメージがありますが、意外とそうでもなかったりします。

よく耳にするのが土地カードが1枚数千円もして、それを十何枚も用意しないといけないから大変云々…。まあ、あながち間違ってはいないです。

環境でもっとも強いデッキを組むなら…ですが。

つまり、安く遊ぶためのコツのひとつ目は、

 

強いデッキを作らない!

 

ということです。

現時点で最強クラスのデッキを作ろうとすると、それに使わているカードは当然人気カードになっていて、高価なのは火を見るより明らか。

だったら、そんなカードを使わない、ある意味強くないデッキを作ればいいだけの話です。簡単な話です。

で、そういうことをいうと、勝てないデッキを使っても面白くない!とかいわれるのですが、では逆に環境トップのデッキを今握れば、すぐにでもグランプリの上位入賞が狙えるポジションにつけると思いますか?

MTGはそんな甘いゲームではありません。

同じデッキでも使う人が違えば、デッキのパワーは変わってきます。

初心者の間は、上を見過ぎても仕方がないので、自分の実力相応のデッキを回した方がいいと思います。

とはいえ、弱いデッキといってもピンからキリまであるのに、何組んでもいいの?ということではありません。

安く遊ぶコツその2、組むべきデッキというのは…

 

次に化けそうなデッキ

 

です。

私は《イクサラン》から復帰したのですが、次のスタン落ちまでは修行の期間だと割り切りました。なぜなら、過去のカードのデッキの変遷やギミックを追いかけても、既存プレイヤーとの経験の差を埋めるのは大変なことだし、寿命が短い強くて高価なカードを買い集めるのももったいない気がしたからです。

それよりは、《イクサラン》からしっかりとカードプールを理解した上でプレイしていけば、スタン落ちと同時にこれまでのプレイヤーと同じスタートラインにすぐに並べると考えたからです。

で、私がまずやったことは、《イクサラン》の中で何デッキが強いか?そして次に強化されるであろうデッキは何か?ということを研究しました。

まず、部族にスポットライトが当たっていることはすぐに理解できます。《恐竜》《マーフォーク》《海賊》《吸血鬼》でこの四部族の中で一番強いのは《恐竜》だと判断しました。単純に打点が高いですし、ギミックとしてもある意味完成している風です。次は《吸血鬼》かなと、これはギミックもさることながら、白黒という除去に特化したカラーなので、極端に弱くなることはないだろうという推測でした。

残るは、《マーフォーク》と《海賊》ですが、《海賊》の宝物ギミックはおそらくは現在猛威を振るっているエネルギーの代替品。エネルギーがスタンから落ちる前に強化されることはない…。

ということで、一番光が当たってなくて、強いカードを追加してくれそうな部族は《マーフォーク》だ!ということでデッキを組むことを決定しました。

で、実際に《イクサランの相克》が発売されると…

 

マーフォークの強化、キター!!!

 

みたいなw

《植物の聖域》なんて、青緑の弱い時期の底値で買いましたから、今売ればカードショップの買取値段でもプラスがでます。

で、安く遊ぶコツ3

 

高額化したカードを即売り!

 

ということです。

先ほど話した《植物の聖域》などは、数か月後でスタン落ちするカードです。

いま、マーフォークで値上がりしていても、数か月後には今の値段ではないでしょう。

ショップなり、友人なり、メルカリなりで処分して次のデッキを組む費用にしましょう。別に持ち続けてもいいんですけどね。

 

まとめると、

  1. 強いデッキは作らない。(高いから)
  2. 次に流行りそうなデッキを作る。(安いから)
  3. 流行ったパーツを売る。(得するから)

という感じになります。

 

こういうことをやっているうちに、カードを見る目が肥えてきて、安くて強いデッキが作れたり、強くて高いデッキを持てるようになったりしてきます。

初心者のうちに、高いカードを買わないと強くなれないと思って、金銭的に無理しようとすると、ゲームの楽しさよりも継続するつらさの方が気になって、楽しくなくなります。

 まずは、このカードは使われてないのに強そうだな…とか、これは面白いコンボになるんじゃないか?とかMTGが楽しくなる方向でデッキを作れば、そんなにお金はかかりません。

 

流行に流されずに、自分が楽しいデッキを作るのが、安く遊ぶコツです。