マジカジ:MTGを気軽に楽しもう!

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

《イクサランの相克》注目カードはこれだ!

アイカツアイカツ、みんな~、《イクサランのアイカツ》何枚剥いた~

 ※注:相克はアイカツとは読みません。

ということで、今回は自分が引いたカードの中でこれは!?と思うものを三枚ご紹介したいと思います。

まず最初は、《ぐれんのピクセル》。

《イクサランの相克》から登場した両面カード。プレリで、

『よっしゃー、いまから強いデッキを作るぞ~!』

という勝ちに来ているプレイヤーの出鼻を確実にくじく効果は絶大。

実際に私などは、

『なぜ、こんな宣伝が…。って、そういえば、スイッチ版も発売されてたな、一度やってみるか。たしか四千円くらいで買えたような…』

みたいなさっきの意気込みはどこへやらと違うことに思考が持っていかれて、プレリの優勝を逃してしまいましたからね。

しかも、

『両面同じデザインやん。ちょっとは工夫せェよ。ジェイスはおらんのか!?』

みたいな変な怒りの感情すら湧いてきましたから、平常心を保って的確なデッキ構築やプレイをするためには、今後のパックでどんな宣伝カードが入っていても心乱されないくらいの覚悟が必要です。

ごちうさコラボでも心がぴょんぴょんしないくらいのね。

 

次のカードは《黄金の守護者》&《ゴーレム》です。

ゴーレムというかメカですよ、メカ。

ちょっとなんかメッチャ格好良くないですか?

なぜ格好良く見えるかというと、おそらく幼少期に見た新造人間キャシャーンのツメロボットに似ているからだと思われます。

www.kotobukiya.co.jp

で、こいつらがゾロゾロと集団で町を歩くシーンが《黄金炉の駐屯所》のイラストになんか雰囲気がメッチャにているのです。

家族にアニメ好きのお父さんやおじいさんがいる人は一度、

『これって、キャシャーンに出てきたツメロボットに似てない?』

って聞いてみましょう。

マジックに興味のない家族との会話がはずむ…かもしれない素敵カードです。

 

 今日は頭痛であまり思考がまとまらず、とんでもない記事を書いたような気がしますが、インフルエンザも流行っているようなので、みなさんも体調管理を十分に行い、素敵なデュエルライフを送ってくださいね~。

 

抗生物質で頭がガンガンするんじゃ~w