マジカジ:MTGを気軽に楽しもう!

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

《ゴルゴンの陰謀家、ヴラスカ》を回してみた!

というわけで、いつもお世話になっているMINT三宮店にて、プレインズウォーカーデッキを購入。

 

 

さっそく開封して説明書?を読む。ふむふむ、なるほどなるほど。

にしてもである。ルール説明が少なくない?

プレインズウォーカーデッキが初心者に不向きだという意見は、こういう部分ではある意味間違ってはいない。

MTGの知識がゼロの状態から、プレインズウォーカーデッキだけでスタートするっていうのは、説明不足過ぎてちょっと無理がある。

まずはティーチングキャラバンやマジック・デュエルズでゲームの最低限の流れを抑えていれば、問題はないと思う。

サポートのしっかりしたお店でティーチングキャラバンに参加するのが場慣れもするし、お店の雰囲気も掴めるし、うまくいけば対戦相手を見つけることもできるかもしえないので、個人的にはおすすめです。

神戸だとMINT三宮店さんがいいと思います。

 

とりあえず、四の五のいわずにそのまま何回か回してみな!と書いてあるので、アングラスを同じく購入したタテトプ氏(以下、タテ氏)と対戦を開始することに。

一戦目&二戦目、イワン公ブン回り勝利、三戦目タテ氏ブン回り勝利。

終了…って、終わったらブログ書いてる意味がないですねw

戦ってみた感想としては、ヴラスカはクリーチャー戦に優れ、アングラスは除去に優れています。

なので、ヴラスカのクリーチャー展開スピードにアングラスの除去が追いつかなければ、アングラスが負けて、ヴラスカのクリーチャーの展開が遅いとアングラスに仕留められるというバランスになっています。

どちらの展開になってもかなり大味な感じですが、波に乗ればヴラスカ、膠着すればアングラスとどちらでも同じようにデュエルを楽しめるようになっています。

 

で、お互い封入されいた2パックを開封!

レアの微妙ぐあいも拮抗している感じになりましたw

 

で、昨日のブログでも書いた

 

rogue-like-mtg.hatenablog.com

 

の件もあり、ちょっと真剣にデッキのカスタマイズを検討開始。

説明書?に再び目を通すと、

 

 

カスタマイズの方向性は見えたので、あまりカードは買い足さず、安くつく感じで強化したいと思います。