マジカジ

マジック:ザ・ギャザリングでカジュアルな楽しい日常を!

『イクサランの相克』プレインズウォーカーデッキの見た感じの印象

mtg-jp.com

 

前回の『イクサラン』では、マーフォークと恐竜のデッキでしたが、今回は白黒吸血鬼と赤黒海賊デッキになっています。

1,200円(税別)が定価で『イクサランの相克』が2パックついてきますので、実質500円切る価格でデッキがひとつゲットできると思えば安いと思います。

初心者で友達を誘って二人で始めるならかなりオススメです。

最新弾で強化されている種族デッキなので、カードも集めやすく、強化する方向性も明確です。

私は前回の『イクサラン』のマーフォークデッキ購入をきっかけに、MTGに復帰したのですが、『イクサランの相克』発売で、これは覇権取れるんじゃね?くらいのノリにマーフォークデッキのパーツが強化されてきたので、プレインズウォーカーデッキからMTGを始めることはまったく無駄ではないと思っています。

 

まずは、ヴラスカの吸血鬼デッキから…

《ゴルゴンの謀略家、ヴラスカ》は6マナと重いながらも、出たターンに除去が打てるという優れもの。3つ目の能力もクリーチャーのパンチが対戦相手に当たれば、相手が敗北という超クリティカルな能力。ロマンあふれる一枚です。

専用カードの《ヴラスカの嘲笑》は墓地やライブラリーからヴラスカを探して手札に加えるプレインズウォーカーデッキ専用カードなのですが、4マナで対戦相手のライフを4点削るというフィニッシャーにもなりうるカードで油断なりません。

 

次に、アングラスの海賊デッキは…

ミノタウロスの海賊、アングラス》も6マナですが、相手全体に1点火力とリアニメイト(墓地から復活)能力、相手のクリーチャー全体除去&本体火力とヴラスカと比べても、なかなかイカツイ能力を持っています。

専用カード《アングラスの憤怒》はライブラリー&墓地からのアングラスのサーチはヴラスカと同様ですが、クリーチャー破壊と3点本体火力というとんでもない威力を持つカード。気持ちのいいデュエルができそうです。

 

ふたつのデッキを私の前回購入したジェイスのマーフォークと比べても、見劣りしないというか、戦闘力では確実に上回っていますよ、絶対これは!

ジェイスのデッキなんて、出たターンに1ドローできるだけで喜んでましたし、専用カードも相手クリーチャーを2枚手札に戻す!でしたから、戦闘力が全然違います。

 

今回のプレインズウォーカーデッキはなかなか迫力あるデュエルが楽しめそうなので、初心者だけでなく、既存のプレイヤーにも新しいデッキを組む刺激を与えてくれそうです。